【峰の原】連日にぎわう距離コース〜過去最高の昨年並み見込む

2017-08-05 07:00 am by 須坂新聞

お知らせ icon 高校や大学などが夏休みシーズンに入り、標高約1,500mに位置する冷涼な峰の原高原クロスカントリーコースは、連日、部活の合宿などで訪れた多くのランナーでにぎわっている。昨年は過去最高の年間17,566人の利用があり、同コースを管理する維持管理組合では、今年も昨年並みを見込んでいる。
 同コースは1周2kmの芝生コースなどを備えている。高地で、起伏もあることから、心肺機能や筋力強化などを目的に、年々、利用者が増えている。昨年はことしの箱根駅伝に出場した大学20校のうち、優勝校を含む11校が同コースを利用したという。
 2日は午前中から200人以上が訪れて、走り込みをするなどしていた。生徒5人を指導する国学院久我山高校(東京都)陸上部の山口茉莉コーチ(21)は「伝統で毎年利用している。秋に向けての持久力強化が目的。芝生で足に優しく、長い距離の上り坂と下り坂があるので、いいトレーニングになる。東京にこれだけのコースはない」と話していた。
 今週末以降、大学の駅伝部の利用が増えるという。

2017-08-05 07:00 am by 須坂新聞 - 0 コメント



須坂新聞


 須坂新聞はタブロイド判(20P~24P)で毎週土曜発行(年間48回)長野県須高地域(須坂市・小布施町・高山村・長野市若穂地区)で購読をいただいております。また配達地域外でも郵送にてご購読いただけます。購読料は930円(月額/税込)です。購読お申し込みはこちらから。

須坂限定ホームページ作成無料