【須坂市動物園】愛らしい!赤ちゃん誕生〜ヒツジとワオキツネザル

2020-04-11 07:00 am by 須坂新聞

お知らせ icon 須坂市動物園で3月、ヒツジとワオキツネザルの赤ちゃんが1匹ずつ誕生した。ともに3月15日生まれという。愛らしい姿が来園者の注目を浴びている。
 ヒツジはメス。父「KUKU(クク)」(11歳)、母「COCO(ココ)」(10歳)。推定で体長70〜80cm、体重7〜8kg。おとなしい性格でほとんど鳴かないが、母親の背中に上ろうとするなど元気いっぱいだ。
 飼育担当の小林功さんは「あどけない表情が本当にかわいい」。ヒツジは衛生、健康両面の管理上、赤ちゃんのときに尻尾を取ってしまうといい、「尻尾が取れるまでの間は本来の姿が見られる」と話している。
 一方、ワオキツネザルはオス。父「ポンカン」(10歳)、母「チョコン」(6歳)。今後1カ月ほどは、母親のおなかや背中にしがみつく姿が見られるという。
 飼育担当の小林哲也さんは「2匹の姉も一緒に子育てをしている。本当にかわいい時期。家族の愛らしい光景を見てほしい」と話している。
 今後、愛称を募集する。なお、同園は新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、11日から26日まで臨時休業する。動物たちの様子は、SNS(会員制交流サイト)などで随時発信していくという。

2020-04-11 07:00 am by 須坂新聞 - 0 コメント



須坂新聞


 須坂新聞はタブロイド判(20P~24P)で毎週土曜発行(年間48回)長野県須高地域(須坂市・小布施町・高山村・長野市若穂地区)で購読をいただいております。また配達地域外でも郵送にてご購読いただけます。購読料は1000円(月額/税込)です。購読お申し込みはこちらから。