【長野ガロンズ】開幕2戦目で今季初白星〜北海道での連戦を1勝1敗

2020-10-31 07:00 am by 須坂新聞

スポーツ icon バレーボールVリーグ2部(V2)男子の2020〜21年シーズンが17日に開幕した。須坂市を拠点にV2の3季目(Vリーグ5季目)に挑む長野GaRons(ガロンズ)は24、25日に北海道で行われたサフィルヴァ北海道との2連戦で今季をスタート。初戦は1―3で敗れたものの、2戦目を3―0のストレートで勝利し、今季初白星を挙げた。
 開幕戦は今季V2に昇格したサフィルヴァ北海道との2連戦に臨んだ。
 24日の初戦は相手にサーブや細かなミスが出て第1セットを先取したが、速攻などで試合を優位に進められ第2、第3セットを連続で落とした。流れを引き戻そうとセッターを交代するなどし、第4セットは中盤まで一進一退の攻防を繰り広げたが及ばなかった。
 25日の2戦目は終盤にブロックで押し切り第1セットを先取すると、高瀬選手のバックアタックなどで終始リードを保ちながら第2セットを連取。第3セットは序盤にリードを許したが、石坂選手のブロックなどで逆転すると最後は高瀬選手の連続得点でセットを奪い、ストレートで前日の雪辱を果たした。
 篠崎寛監督は「新体制で臨んだ初の試合で敗れた前日から気持ちを切り替えて挑んだ。これまでチームとしてやってきたブロックとディグの関係が良い結果につながった。若いチームだが準備を確実に行ってきた。一つ一つの試合で結果を出すために、このリーグの中でさらに成長していけたらいい」と話していた。
 次戦は11月14、15日に神奈川県で兵庫デルフィーノ、ヴォレアス北海道と対戦する。

2020-10-31 07:00 am by 須坂新聞 - 0 コメント



須坂新聞


 須坂新聞はタブロイド判(20P~24P)で毎週土曜発行(年間48回)長野県須高地域(須坂市・小布施町・高山村・長野市若穂地区)で購読をいただいております。また配達地域外でも郵送にてご購読いただけます。購読料は1000円(月額/税込)です。購読お申し込みはこちらから。