AC長野レディースがWEリーグ開幕を前に市を表敬訪問

2021-09-04 07:00 am by 須坂新聞

お知らせ icon 12日に開幕する国内初のサッカー女子プロリーグ「WEリーグ」に参戦するAC長野パルセイロ・レディースの岡本祐花選手(23、東京出身―長野市)とチーム運営会社「長野パルセイロ・アスレチッククラブ」の町田善行社長が2日、須坂市を表敬訪問した。間近に迫ったリーグ開幕に向け、岡本選手は「多くの方の支えや応援のおかげでWEリーグで戦えることを忘れず、1試合でも多く勝って長野を盛り上げていけるように頑張りたい」と抱負を語った。
 2年目の岡本選手はホームタウン16市町村(北信地区と佐久市)のうち、須坂市のパートナープレーヤーを務める。MFだがDFもこなすと言い、「相手の戦い方に合わせたポジションごとの自分のプレーを見てほしい」とアピール。リーグ戦では「応援してくれる人が増えるようにパルセイロらしく戦って、チーム目標の6位以上や、さらに上位に食い込めるよう、チーム一丸で頑張りたい」と意気込んでいる。
 WEリーグは「夢や生き方の多様性にあふれ、一人ひとりが輝く社会の実現・発展に貢献する」ことを理念に掲げる。女性活躍社会をけん引するほか、女子日本代表「なでしこジャパン」の強化、女性プロスポーツの発展などを目指していく。
 初年度の今季は11クラブが参戦。秋春制で、ホーム&アウェー方式の総当たり2回戦(各クラブ20試合)を戦い、初代女王の座を争う。
 AC長野は12日にアウェーでアルビレックス新潟レディースとの開幕戦に臨み、長野Uスタジアムでのホーム開幕戦は18日、日テレ・東京ヴェルディベレーザと対戦する。

2021-09-04 07:00 am by 須坂新聞 - 0 コメント



須坂新聞


 須坂新聞はタブロイド判(20P~24P)で毎週土曜発行(年間48回)長野県須高地域(須坂市・小布施町・高山村・長野市若穂地区)で購読をいただいております。また配達地域外でも郵送にてご購読いただけます。購読料は1000円(月額/税込)です。購読お申し込みはこちらから。