【須坂市動物園】カンガルーのふるさと救おう〜豪州森林火災で募金

2020-01-25 07:00 am by 須坂新聞

お知らせ icon オーストラリアで2019年9月ごろから続く大規模な森林火災で被災したコアラやカンガルーなどの野生動物を支援するため、須坂市動物園は18日から募金活動を始めた。オーストラリアが生息地のアカカンガルーの獣舎前に募金箱とカンガルーのパネルを設置し、来園者に協力を呼び掛けている。
 同園は、かつて全国的に人気を集めたアカカンガルー「ハッチ」が名誉園長で、現在4匹のカンガルーを飼育している。カンガルーのふるさとで発生した災害で被害に遭った動物を救おうと、日本動物園水族館協会(JAZA)の呼び掛けに賛同した。
 坂田温園長は「相当な範囲が被害を受け、今後の二次被害も懸念されている。(募金活動を通して)動物たちが一日も早く幸せに生活できる環境づくりに協力できれば」と話している。
 募金箱は3月31日まで設置。寄せられた支援金は、JAZAを通して、被災動物の保護活動を行っているオーストラレーシア動物園水族館協会(ZAA)の「野生生物保護基金」に全額寄付されるという。

2020-01-25 07:00 am by 須坂新聞 - 0 コメント



須坂新聞


 須坂新聞はタブロイド判(20P~24P)で毎週土曜発行(年間48回)長野県須高地域(須坂市・小布施町・高山村・長野市若穂地区)で購読をいただいております。また配達地域外でも郵送にてご購読いただけます。購読料は1000円(月額/税込)です。購読お申し込みはこちらから。