地域を熱く辛く「カレーだねフェス」〜須高21店で展開。自慢の味を食べ歩こう

2021-02-06 07:00 am by 須坂新聞

お知らせ icon 地域を熱く、辛く盛り上げたい―。恒例の「やっぱりカレーだねフェス」(主催=同実行委員会)が3月14日まで須高地区の飲食店などで開かれ、普段は味わえないコラボ商品などを提供している。これまでは須坂市だけで実施していたが、今回初めて、小布施町(8店)と高山村(1店)が参加、須坂市の12店と合わせて21店で行っている。
 同フェスには「MAPトートを完成させよう!」と銘打ったスタンプラリーがあり、1軒目の参加店でトートバッグ(100円)を購入してエントリーする。参加店でメニューを注文すると、各店のオリジナル缶バッジが提供され、偶数回目の店ではポストや信号などのシークレット缶バッジももらえる。
 エントリーの参加者はトートバッグに21店のバッジと30個のシークレットバッジを付けていく楽しみがある。同フェスを企画した中沢定幸さん(中町、なかざわ商店)は「カレーを食べる楽しみだけでなくバッジを集めるというワクワク感も味わえる」と話す。
 同フェスは4年前に始まった。昨年はコロナの影響で開催できなかったが、中沢さんら実行委員会メンバーは「コロナ禍で苦しむ飲食店を少しでも応援しよう」と話し合い、県の補助金を使って、改めて事業を計画した。
 小布施町の飲食店などでも数年前から「小布施でカレー記念日」を開いていたが、ここ2年間は中断。今回、中沢さんらの呼び掛けに応じて、参加することを決めた。
 メニューはジビエ焼きカレー、ピンクカレー、イタリア料理店のカレー、和風カレーうどん、カレー沖縄そばなど多種多彩。各店に参加全店のメニューを写真入りで掲載したチラシも用意している。 中沢さんは「地域の皆さんに喜ばれ、多くの店からにぎわっているとのうれしい声を聞く。消費者にとってはいろいろな店に行き、いろいろな料理を味わうきっかけになっている」と話している。
 問い合わせは中沢さん☎090-8328-5899まで。参加店は次のとおり。
 【須坂市】▽クルアアリヤ=ハイランド町▽かねき=東横町▽スイーツマーケットカフェ(n-style内)=南横町▽おやつとごはんの店ai=立町▽みのり=立町▽枠屋=新町▽ももふくふく=本上町▽ilVico=本上町▽喫茶瀧潜(田中本家博物館内)=穀町▽山下薬局=中町▽ゲストハウス蔵=本上町(午後5〜8時にデリバリー/月・火曜日休み)▽なかざわ商店=中町
 【小布施町】▽レストランメイプル=上町▽トミーズ=福原▽桂亭=中町▽ヒロシマンと利平さん=中町▽パンと焼菓子ohana=中町▽響YURA=中町▽小布施温泉あけびの湯=雁田▽キッチン穴ゴハン(穴観音の湯内)=雁田
 【高山村】▽ヴェレゾン=二ツ石

2021-02-06 07:00 am by 須坂新聞 - 0 コメント



須坂新聞


 須坂新聞はタブロイド判(20P~24P)で毎週土曜発行(年間48回)長野県須高地域(須坂市・小布施町・高山村・長野市若穂地区)で購読をいただいております。また配達地域外でも郵送にてご購読いただけます。購読料は1000円(月額/税込)です。購読お申し込みはこちらから。