願い事 天まで届け〜小山小で七夕の伝承行事

2021-07-22 07:00 am by 須坂新聞

学校・教育 icon 小山小で16日、願い事がかなうようにと、短冊を燃やして天に煙を届ける七夕の伝承行事「笹(ささ)送りの会」が行われた。同校の恒例イベントで、PTA有志による栃の木応援隊(三井博史隊長)が企画した。
 コロナ禍の中、全校児童が密を避けて、遠巻きにグラウンド中央のささ飾りを囲んだ。15秒間、願い事を心に描いてから応援隊員が点火。あっという間に炎と煙を上げ、全校児童354人の願いを天に運んでいった。
 4年生の花岡芽生(めい)さんは短冊に「家族で旅行に行きたい」、永田瑠夏(るか)さんは「家族みんな健康でいられるように」、太田愛琉(あいる)さんは「家族の健康と野球がうまくなるように」と書いたといい、「かなうといいなー」と声をそろえた。
 栃の木応援隊の三井隊長は「あっという間に燃えてしまったが、子どもたちが喜んでくれて良かった」と話していた。

2021-07-22 07:00 am by 須坂新聞 - 0 コメント



須坂新聞


 須坂新聞はタブロイド判(20P~24P)で毎週土曜発行(年間48回)長野県須高地域(須坂市・小布施町・高山村・長野市若穂地区)で購読をいただいております。また配達地域外でも郵送にてご購読いただけます。購読料は1000円(月額/税込)です。購読お申し込みはこちらから。