須坂市長旗争奪ソフトボール大会〜旭ケ丘クラブ4大会連続V

2022-10-01 07:00 am by 須坂新聞

スポーツ icon 第49回須坂市長旗争奪ソフトボール大会(市スポーツ協会主催)は先ごろ、県民須坂運動広場で行われた。新型コロナなどの影響で3年ぶりの開催。決勝で旭ケ丘ソフトボールクラブが12―1で本郷ソフトボール倶楽部を下し、4大会連続4回目の優勝を飾った。千曲ソフトボールクラブと南原町ソフト愛球会が3位に入った。大会は16チームが出場し、トーナメントで争った。
 決勝は旭ケ丘が二回に1番池田剛選手、2番宮本選手の連続適時打で3点を先制。さらに五回に2点、六回には3本の本塁打などで一挙7点を奪って試合を決定づけた。先発の山岸宏投手が4回を投げ、被安打2、無失点の好投。継投した山田投手も本郷の反撃を1点に抑え、優勝を決めた。
 旭ケ丘の関谷治彦主将は「コロナ禍でも大会を開いてくれたことに感謝したい。今大会は若手の選手もよく頑張ってくれた。チーム一丸でつかみ取った4連覇。心の底からうれしい」と喜んだ。
 試合結果は次の通り。
 ▽1回戦 旭ケ丘20―0坂田 高橋町7―0八幡町(不戦勝) 望岳台14―2北相之島 南原町7―0聖徳 千曲15―2亀倉町 北横町13―0豊島町 東横町12―2米持 本郷9―5T―Nexus ▽準々決勝 旭ケ丘14―0高橋町 南原町7―6望岳台 千曲8―6北横町 本郷12―6東横町
 ▽準決勝 旭ケ丘13―3南原町 本郷11―7千曲
 〔旭ケ丘ソフトボールクラブ〕▽監督 宮本修▽選手 関谷治彦(主) 太田翔 石井秀哉 山田夏生 宮本朋幸 湯本達也 坪井大地 篠原大志 岩崎拓生 森義彦 山岸宏樹 穂苅央典 池田弘和 池田雅昭 池田諭泰 田中利幸 宮沢真司 山岸正樹 市川直登 市川敏生 池田剛之 池田裕幸 古沢淳雄 島崎宏幸 安田丈也

2022-10-01 07:00 am by 須坂新聞 - 0 コメント



須坂新聞


 須坂新聞はタブロイド判(20P~24P)で毎週土曜発行(年間48回)長野県須高地域(須坂市・小布施町・高山村・長野市若穂地区)で購読をいただいております。また配達地域外でも郵送にてご購読いただけます。購読料は1000円(月額/税込)です。購読お申し込みはこちらから。